07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

コレ、な~んだ?

2009.09.10 (Thu)

コレ、何だと思いますか?

オリーブオイル

一見ワインボトルの様ですが、実はワインではなく、オリーブオイルなんです。

14世紀から続くオリーブオイル生産農園、マルティーニ・ベルナルド家のオリーブオイル。
トスカーナ州フィレンツェとプラトの中間にあるこの農園。
敷地内に搾油所を備えているため、オリーブの実を手摘みで収穫したあと12時間以内にすぐ搾ることができるのです。
以前は石臼で搾っていたらしいのですが、今は遠心分離機を導入するなど、伝統的な製法を継承しながら新しい技術を取り入れ、オリーブオイルの品質向上に努めているそうです。
何となく、石臼の方が聞こえは良いのですが、熱が発生してしまうのでせっかくの香りが飛んでしまい、オイルにとってはあまり良くないのだそうです。
それでは、そのまた昔の機械のなかった時代にはどうやって作っていたと思いますか?
もちろん手作業でした。
手でオリーブの実をつぶし、湯煎を利用して分離させていたそうです。
分離によってオイルは一番上に浮いてくるので、それをすくっていたということです。
気が遠くなる作業ですね。

製造の過程で、こんなにも香りを重要視するデリケートなオリーブオイル。
味だけでなく、香りを楽しむモノと思って口にしてみてください。
今までとは違った感覚でオリーブオイルを楽しめますよ♪
 |  食材のコト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。