FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ワインは『適温』で!

2009.10.06 (Tue)

「ワインは常温で飲むと良い。」と、よく言われています。(もちろん、ワインの産地や種類に
よっても違いますが。)
それでは、ワインを飲むときの『常温』とは、いったい何度くらいを指すかご存知でしょうか?

適温ワイン

答えは、16~18℃。
イタリアやフランスの年間平均気温に値するため、ワインの世界での『常温』とはこれくらいを指すんです。
ちなみに、ヨーロッパでは『常温』とは呼ばず、『適温』と言います。
また人間の生理学において、人が温かくも冷たくも感じない自然の温度というのが
15~16℃。
そのため、ワイン本来のブドウの香りや味がわかりやすい『適温』なんですね。

当店のワインセラーは常時16℃に設定。
まずは、そのままの温度で味や香りを楽しんでいただくことをオススメします。
その後は、お客様のお好みでどうぞ!
お客様の好みが一番の『適温』なのかも知れませんからね♪
 |  ワインのコト
 | HOME |