08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

第2回・『ちょっとしたイタリア語講座』

2009.10.17 (Sat)

今回はおなじみ『Buono(ブォーノ)』

美味しいお料理を食べた時に「ボーノ、ボーノ!」と言っているあの言葉です。
皆さんもテレビなどでイタリア人が言っているのを見たことがあると思います。
最上級の美味しさを表現する時は「Buonissimo!!(ブォニッシモ)」と変化します。

『Buono』の直訳は、良い、優れた、美味しい・・・と、英語で例えると「Good」と同様。
様々なシチュエーションで用います。

「おはよう」「こんにちは」の挨拶は「Buon Giorno(ブォン・ジョルノ)」、
「こんばんわ」はの挨拶は「Buona Sera(ブォナ・セーラ)」。
朝・昼・夜の挨拶だけでなく、レストランなど、あらゆるお店に入るときの挨拶にも使います。

人と別れる時の挨拶で素敵な言葉をもう一言。
「Buona Giornata(ブォナ・ジョルナータ)」。
「良い一日をお過ごしください!!」という意味なんですが、日本語の挨拶ではなかなか
使わない表現ですよね?
慣れるまではちょっと恥ずかしいような挨拶ですが、相手を思いやる気持ちが込められた
言葉だなぁ、と思います。
是非とも使ってみてください。

それではみなさん「ブォナ・ジョルナータ!!」
この記事を夜にご覧になった方には明日「ブォナ・ジョルナータ!!」
 |  イタリアのコト
 | HOME |