07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

オリーブオイルあれこれ

2010.01.20 (Wed)

昨日に引き続き、オリーブオイルの話題です。

オリーブオイルは食卓の必需品!!

オリーブの起源は7~8000年前のトルコとされていますが、植物としての歴史はイタリア・ボローニャ郊外で100万年前のオリーブの葉と見られる化石が発見された、と言う報告が
あるそうです。

現在、世界には『約2000種!!』のオリーブの品種があると言われています。
その中でも715種がイタリア固有の品種で、そのうち395種が公式に認可されているモノ。
現状では、さらにその中の300種ほどが実際に栽培されているようです。

イタリアはスペインに継ぎ、世界でも有数のオリーブオイル生産国。
この2つの国だけで、世界の生産量の50%を占めているんです。
市販されているオリーブオイルには様々な表示が付けられていますが、イタリアでは法律で
厳密に分類されています。
品質によって、ヴァージンオリーブオイル・精製オリーブオイル・オリーブオイルと3種類に
分類され、さらにその中で、エクストラ・ファイン・オーディナリー・ランパンテ・ピュア・・・
あまりにも難しい話になってきましたね(笑)。
要は、オイルに含まれる酸度によって更に細かく分類されてるってことなんです。
ここで押さえておくべきコトは、皆さんもお馴染みのエクストラヴァージンとピュア。
おそらくスーパー等で手に入るのは、この2種類がほとんどではないでしょうか。
もちろん例外はありますが、エクストラヴァージンは生食用に、ピュアは加熱用に、と覚えておくと良いでしょう。
こんな使い分けをするだけで、貴方も立派なオリーブオイル・ソムリエ!!に1歩近づくかも知れませんよ♪

せっかくなので、イタリアで認可されているオリーブオイル・395種をすべて羅列しようかとも思いましたが、さすがにそれだと誰も読んでくれなそうなので今回は自粛いたします(笑)。
興味がある方は、直接訪ねてください。
品種名を呪文のように唱えますので(笑)。
 |  食材のコト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。