FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

シチリアワイン強化月間

2009.07.09 (Thu)

夏に合わせて、シチリアからワインが続々と届いております。
7月・8月はシチリアワイン強化月間!と勝手に決めてみました(笑)。

今回はその第一弾として、オススメのモノをいくつかご紹介。

まず、言わずと知れた『Tasca d'Almerita』(タスカ・ダルメリータ)

Tasca d'Almerita

と言っても日本ではまだまだシチリアワインの認知度が低いので、ご存じない方も多いと思います。
ココはシチリアの中心(CUORE DI SICILIA、CUOREは心臓の意)に位置しており、名実ともにシチリアを代表するワイナリーです。
現在ちまたで人気が出つつある高級シチリアワインを生み出したのもこのワイナリー。
しか~し!!今回仕入れたのはそれとは正反対の低価格ワインです。
安いからと侮ることなかれ!
1834年の創業以来ずっと同じ製法で作られている、歴史と伝統が詰まったワインで、最近流行りのモノとは段違いの風格です。
是非、ご賞味あれ。
★Regaleali Bianco・・・¥500(グラスのみ)
★Regaleali Rosso・・・¥3,500(ボトル)
★Regaleali Rosato・・・¥4,000(ボトル)


お次は、『Benanti』(ベナンティ)

Benanti

活火山のエトナ山(標高3326m)を北から南西まで半円形に取り囲んだ広大な畑を持つワイナリー。
樹齢50年~80年の、古木に生る実の濃いことと言ったら他に例えようがありません。
土地柄、昼夜の温度差が成せる自然の力です。
冬になると雪も降ります。(シチリアなのに!!)
このあたりで作られるワイン、あまりに味が濃いため、料理とは不向きなものが多いのですが・・・
ご安心ください。今回はカッリカンテという酸味の強いブドウを使った白ワインを入荷しましたので、お料理と一緒に楽しめます。
★Etna Bianco di Caselle・・・¥5,200(ボトル)

最後に、『Aziende Vinicole Miceli』(アズィエンデ・ヴィニコーレ・ミチェーリ 通称:MID)

Aziende Vinicole Miceli

シチリアの地場品種を中心に生産しているワイナリーです。
ココの特徴は、通常であればブレンド用の品種となりがちなブドウを100%使ってワインを作るところです。
ワインにあまり馴染みがない方は、ブレンド用品種と言ってもピンとこないかもしれませんので、簡単に説明すると・・・
ブドウには品種によっていろんな特色(クセ)がありますよね。例えば、甘みや酸味が極端に強かったり、香りが独特であったり。そういった特色を生かして数種類のブドウをブレンドしてバランスのとれたワインを作ることがあるのです。
つまり・・・
クセのあるブドウを100%使用してクセのあるワインを作っているということなんです。
ちなみに今回仕入れたワインは、グリッロ100%と、ズィビッボ100%のワインです。
このブドウ品種の説明は長くなるので今度にします。(両方かなりマニアック。)
★Salgalaluna Bianco・・・¥3,800(ボトル)
★Yrnm Zibibbo・・・¥5,800(ボトル)


今回紹介したシチリアワインはごくごく一部。
これからどんどんシチリアワインのラインナップを増やす予定です。
ワインだけでも気軽に飲みに来てみてはいかがですか?
マニアックなワインに出会えるチャンスですよ!!
 |  ワインのコト
 | HOME |