09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

曖昧なパン料理

2010.11.16 (Tue)

『bruschetta(ブルスケッタ)』。
このブルスケッタとワインさえあれば、幸せになれますよね♪
って、僕だけ?

フェットゥンタ

皆さんにもお馴染みのブルスケッタは、トスカーナ州のマレンマ地方が発祥の地。
トスカーナの方言では『fett'unta(フェットゥンタ)』、『panunto(パヌント)』とも言います。
元々は、『火で炙り表面を焦がしたモノ』という意味で、古くなった硬いパーネ・トスカーノを
美味しく食べるために庶民が工夫した料理と言われています。

『crostini(クロスティーニ)』とブルスケッタは同じ?
現地イタリアでは、かなり曖昧ではありますが『似て非なるモノ』とされています。
区別の付け方は、というと。
『bruschetta(ブルスケッタ)』・・・パンを炙り、ニンニクをすりつけ具をのせたモノ。
『crostino(クロスティーノ)』・・・パンを炙り、ニンニクを塗らずに具をのせたモノ。
これ以外に、パンの厚さが厚いモノをブルスケッタと呼び、薄めのモノをクロスティーニと
呼んで区別したり。
また、上にのせる具の違いや、大きさの違いという人もいたり、呼び馴れた言い方が正解と
言う人もいたりと・・・全く一貫性がありません(笑)。
ん~、イタリアらしい!!
 |  郷土料理のコト
 | HOME |