09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ボッタルガ

2010.11.30 (Tue)

日本でも『からすみ』として知られる『bottarga(ボッタルガ)』。

マグロのボッタルガ

イタリアでは、サルデーニャ島が世界でも有数の高級ボッタルガの産地として知られます。
ボラの卵巣を塩漬け熟成、乾燥させて作ったモノが有名ですが、 シチリアではとれたての
マグロの卵巣のボッタルガがポピュラー。

イタリアのからすみは『bottarga(ボッタルガ)』と総称されます。
サルディーニャ島で高級品とされているのは、日本同様ボラの卵巣で作られている『Bottarga di Muggine(ボッタルガ・ディ・ムッジーネ)』。
一方、マグロ漁で有名なシチリア島では、マグロの卵巣の『Bottarga di Tonno
(ボッタルガ・ディ・トンノ)』。
正確な名前は『Uovo di tonno sale(ウオーヴォ・ディ・トンノ・サーレ=マグロの卵の塩漬け)』ですが、最近ではボッタルガ・ディ・トンノと呼ばれることが多くなってきています。

からすみはもともとが地中海沿岸が発祥の地で、古代ギリシャ時代から栄養価の高い食品として食べられていました。
最近では、サルモーネ(サーモン)やメルルッツォ(鱈)、ブランズィーノ(スズキ)など
ボラやマグロ以外にも、様々な魚の卵巣からボッタルガが作られるようになってきている
ようです。
 |  食材のコト
 | HOME |