09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

滞在許可証が欲しければ、洗礼を受けるべし

2011.01.09 (Sun)

イタリアでは、昨年の2010年12月から長期滞在を希望する外国人に対し、『長期滞在
許可証』発行の条件としてイタリア語の試験が実施されることになったそうです。
と、この詳しい話はまだ今度するとして、今日は『滞在許可証』を取得するまでの
イタリアならではのお話を。

書類の手続きをする、という通常であれば単純な作業のはずなのですが、イタリアで
コレをやるとなるとどれだけの時間と精神力を費やすコトか・・・。
イタリアの事務仕事を目の当たりにしたコトのある方は、思い出すだけでもうんざりする
でしょう(笑)。
さんざん並んで自分の番が来たと思ったら、必ずと言っていいほどまず洗礼を受けるのが
『Documentazione Incompleta(書類不備)』!!
コレ、手間のかかる仕事は後回しにする為のアチラの常套手段(笑)。
書類がそろっていてもダメなんです。
しかも、実際に書類の不備があったとしても、何がどう不足しているのかすら教えて
くれません・・・。
また次の日に出直して、ようやく手続きしてもらえるかと思いきや、やれ「窓口が違う」だの
「それは私の担当ではない」だの・・・、また一から並び直さないといけません。
挙句の果てには「お昼を食べに行く」と窓口を閉めて出て行ってしまうありさま(笑)。
2~3日がかりで申請に挑む覚悟があるのです。
ちなみに聞いた話によると、日本人女性が書類の申請をする場合は、男性の窓口に並ぶと
トントン拍子でコトが進むらしいですよ。
なんせ、イタリアですから(笑)。
 |  イタリアのコト
 | HOME |