07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

パスタの歴史 ~その2~

2011.01.13 (Thu)

授業を続けます。

昨日は、野生モノ・栽培モノの小麦の発祥について簡単に書きました。
では次に、当時はその小麦をどのように食していたのか?
なんと、小麦の発見とほぼ同時くらいに、小麦を粉にして食べるという方法が既にあった
のだそうです!!
その証拠として、各地の遺跡から石製の擦り臼が見つかっているのです。
ただ、すり潰した小麦をどのようにして食べていたのかは不明。
水を混ぜて捏ねればパスタになっていたのですが、コレはまだまだ後の話。
生のまま食べていたのでしょうか?
お腹を壊さなかったのかなぁ(笑)。
そして紀元前1,000年にもなれば、この擦り臼が回転式の石臼になるのです。
ちなみにコレ、シルクロードが出来る前の話!!

                               (古代エジプトの石臼『サドル・カーン』)
古代エジプトの石臼

後に、『挽いた小麦粉を水と混ぜ合わせたモノ』が東洋で生まれました。
そしてこの小麦粉を食す文化が、小麦の栽培と石臼を使うという知恵とともに、一気に
ユーラシア大陸中に広まったのです。

明日へ続く。
 |  郷土料理のコト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。