07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

当店御用達

2009.07.24 (Fri)

スローフード発祥の地イタリアで、人々に愛されているお料理のうちのひとつがリゾット。
リゾット以外にも、ライスコロッケのアランチーノやお米のケーキ、夏になればお米のサラダなど、イタリアではいろんな形でお米を食します。
実は、イタリアは欧州一の『お米』の生産国。
そのほとんどが北イタリアの一帯で生産されています。
なぜなら北イタリアのポー川流域では、アルプスの雪解け水を利用して昔から稲作が行われてきました。
特にピエモンテ州やヴェネト州はお米の栽培で大変有名なんです。

先日あるTV番組で、イタリアのお米の中でも最高品種とされている「カルナローリ」を栽培している、コロンバーラ農場が紹介されていました。
この農場、イタリアでは言わずと知れた有名な農家です。
機械化に頼らず、オーガニック栽培法で全てにおいて化学品を使わない徹底ぶり。
しかも、収穫後はステンレスの密閉されたサイロでグルグルと回しながら 一定の風を送り込み、15℃以下で1年以上熟成保存されています。

その農場のお米がこちら。

カルナローリ米

日本の古米・古々米のように、ただ冷蔵保存するのとは違い、こうして熟成されたお米はアルデンテに仕上がるためリゾットに大変適しています。

有機栽培なだけに非常に難しく収穫量も少ないため、他のお米の4倍もの値段ですが、注文は増えているそうです。
カルナローリ米の美味しいリゾット、是非いかがですか?
 |  食材のコト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。