06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

日本における地方の憂い

2011.03.04 (Fri)

先日、某『共同購入型クーポンサイト』から掲載勧誘のお電話をいただきました。
折角のお電話、且つとても丁寧な口調・対応だったのですが、当店は宣伝を一切しない
ポリシーのもと、丁重にお断りさせていただきました。
と、そんな話を言いたい訳ではなくて、何が言いたいかと言うと。
ようやく今頃になってそういった媒体が福島にも到着したのか!というコト。
ネット上で話題になったのは半年も前なのに。
冗談でも過言でもなく、東北には何でも遅れて届くのです!!
この時代にですよ!!
流石に新聞・テレビはオンタイムですが(笑)。
特に流行。
半年から1年は必ず遅れてやってきます。
都会にいる方は信じられないでしょうが、流行りモノが都会で下火になった頃、ようやく
地方で流行り始める。
地方に届いた頃には、都会では既に次のブームが・・・という悪循環。
このご時世、インターネットが普及しており、情報収集自体は容易なモノ。
ただ、ソレを実際に、となると難しいのが地方の現状なのです。
僕は別に最新のモノを求めている訳ではないのですが、若い方々が可哀そう。
(毎度の如く、一応僕も若いのですが。)
もっとどのジャンルでも、地方の水準を上げていきたいモノです。
ちなみに、全国一斉ロードショーの作品以外の映画も5~6か月遅れ。
うっかりテレビやネットを見てしまうと、ネタバレ必至!!
おかげでまだ『シチリア!シチリア!』も見れてません・・・。
と今回は、時代の流行に逆行したイタリア文化を寵愛する僕が、日本の地方における『嘆き』を語ってみました(笑)。
 |  頭の中のコト
 | HOME |