09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

たまには僕も怒るのです

2011.07.09 (Sat)

今日の記事は、皆さんももうご存じだと思われますが『福島県南相馬市の農家が出荷した
牛肉から、食品衛生法の暫定規制値を上回る放射性セシウムが検出された』件について。

ニュースによると、これらの食肉は全て東京都が保管しており市場には流通していない
のだそう。
それに加え、福島県は南相馬市に対し食肉の出荷自粛を要請した、と。
この対処方法で良いのでしょうか?
元は、「計画的避難区域と緊急時避難準備区域で飼育されていた牛は、福島県が全頭、
体表面をサーベイメーターで検査するなどして安全性を確認し、出荷することになっているが、今回の牛はその検査をくぐり抜けたとみられる。」という検査・管理体制の甘さに問題があるはずなのですが、「福島県が南相馬市に対し食肉の出荷自粛を要請」って・・・。
又、コレに伴う他の生産者や福島県近隣に対する更なるイメージ悪化については、
国や県はどう考えているのでしょうか?
責任問題を問いただしたい訳でも、不安をかき立てたい訳でもありません。
真面目に、日々を必死に生きている私達を馬鹿にし過ぎているとは感じませんか?
地元の人々はもとより、全国には福島のモノを安心・安全とPRしてくれている方々もたくさんいるというのに。
またもこの事件により実害や風評被害が起こるコトに関しては、お決まりの『想定外』
なのでしょうか?
起きてしまったコトは仕方がありません。と言えるのは最初だけ!
福島近隣の人は気持ち穏やかで温厚だから毎回それで済ませよう、とでも思われている
のでしょう・・・。

地元でも一部の人にしか分からない感覚かも知れませんが、福島人にしては珍しく
今回は頭にきたので怒ってみました(笑)。
 |  日々のコト
 | HOME |