06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

夏もやっぱりランブルスコ

2011.07.23 (Sat)

僕が日本中に広めたいと思っているイタリアワインが『ランブルスコ』♪
シチュエーションを問わず、どんな季節にも、どんなお料理とも合うのがランブルスコの
良さ!!
通常であれば冷やさず常温で愉しむのをオススメしますが、夏場は軽く冷やしてスッキリと
愉しむのも良いですね。
今回ご紹介するのはこの7本。
内1本(右から2番目)は、以前もラベルの話で登場しているモノです。

ランブルスコ祭り

当ブログは僕が文章を書き、妻が写真を撮っているのですが、今回の写真がまるでカタログの様な出来栄えだったので、文章もカタログ風に書いてみようかと♪

(写真、左から)

< Cantina VIRGILI >
~カンティーナ・ヴィルジーリ~

1980年に、現在当主の祖父であるルイジ・ヴィルジリがベネデット侯爵より土地を借りて始めたワイナリー。
続いて息子のアンジェロが引き継ぎ、90年代に現在地のマントヴァを含む近隣数カ所での栽培等も試みました。
現在はアンジェロの息子アンドレアとパオロによって運営が行われています。


『LOGHINO DANTE(ロギーノ・ダンテ)』(Dolce/甘口)

ブドウ品種;ランブルスコ・サラミーノ40%
ランブルスコ・ルベルティ30%
ランブルスコ・アンチェッロッタ30% 
土壌;粘土質
樹齢;10年
標高;50m
栽培法;コルド-ネ・スペロナート仕立て
収穫時期;9月後半
アルコール度数;5,9%

ランブルスコはそのほとんどがエミーリア・ロマーニャ州で生産されていますが、この「ロッジーノ・ダンテ」はお隣りのロンバルディア州のルネッサンス期の華やかさが今なお残るマントヴァ地方で生産された大変貴重なランブルスコです。
生き生きとした美味しさをお楽しみください。


『PJAFOC(ピアフォック)』(Semi Secco/やや辛口)

ブドウ品種;ランブルスコ・サラミーノ45%
ランブルスコ・ルベルティ40%
ランブルスコ・アンチェッロッタ15%
土壌;モレーン土壌・粘土質
樹齢;6年
標高;150m
栽培法;コルド-ネ・スペロナート仕立て
収穫時期;9月後半
アルコール度数;11.38%

ロンバルディア州のルネッサンス期の華やかさが今なお残るマントヴァ地方で生産された大変貴重なランブルスコです。
どっしりとした濃厚な味わいと心地よい余韻をお楽しみください。
「ピアフォック」とはこの地方の“蛍”の呼称です。


< Azienda Agricola REGGIANA >
~アジエンダ・アグリコーラ・レッジァーナ~

比較的新しい生産者で1988年に数人の仲間と設立されたカンティーナ。
試行錯誤を繰り返し1993年に初めて生産され評価をされました。
年々市場の評価も上がり成長著しい生産者です。
新しい技術も取り入れながら現在は20ヘクタールの畑を所有しています。
まず最良の土地探しから始まり、レッジオ・エミーリアのアルビネア村の丘を購入。
常日頃より品質追求に余念がなく、栽培時の剪定からお客様に届くまでの全ての事に
細心の注意を払っています。


『FERNETO(フェルネート)』(Secco/辛口)

ブドウ品種;ランブルスコ・マラーニ60%
ランブルスコ・マエストリ40%
土壌;粘土質
樹齢;7年
標高;160m
栽培法;グイヨー仕立て
収穫時期;9月第2週から
アルコール度数;11.68%

さらりとした飲み口ながら、しっかりとしたまろやかな酸味が魅力です。
また、辛口タイプでありながらほのかな甘い余韻が心地良く残ります。
若々しくフルーティーな味わいをお楽しみください。


『VIGNA DI TEDOLA(ヴィーニャ・テドーラ)』(Secco/辛口)

ブドウ品種;ランブルスコ・マラーニ45%
ランブルスコ・マエストリ45%
マルボ・ジェンティーレ10%
土壌;砂質
樹齢;8年
標高;400m
栽培法;グイヨー仕立て
収穫時期;9月第2週から
アルコール度数;12.46%

まろやかな酸味とひかえめながらもコクのある渋味とのバランスがすばらしいランブルスコです。
上品でさわやかな香りが広がります。
イタリアではこの中辛口タイプのものがひろく一般的に親しまれています。


『VIGNA DEI GELSI(ヴィーニャ・デル・ジェルスィ)』(Dolce/甘口)

ブドウ品種;マルボ・ジェンティーレ100%
土壌;粘土質
樹齢;8年
標高;350m
栽培法;グイヨー仕立て
収穫時期;9月第2週から
アルコール度数;6.55%

ヴィーニャ・ディ・ジェルシのみずみずしさは格別です。
採れたての果実の香りがいっぱいのさわやかな甘さのランブルスコです。
ちょっとお酒に弱い方にもオススメです!


< Monte delle Vigne >
~モンテ・デッレ・ヴィーニェ~

中世よりここパルマにある丘は“ワイン畑の為の山”と呼ばれていたとの記録が残っています。
タロ川の右岸に位置し、ブドウの成育が可能な最高の高さの海抜300mの場所に畑は広がり果実は完璧な熟成をします。
東向きの斜面にランブルスコ用のブドウ畑がありその土着品種に素晴らしい個性を与えています。
2003年の始まりはわずか6ヘクタールのブドウ畑だけでしたが現在は30ヘクタールを所有するまでにもなっています。
土地、新技術の導入、ワイン造りへの情熱はパルマのワイン醸造を刷新する可能性を秘めています。


『LAMBRUSCO IGT EMILIA(ランブルスコ・イ・ジ・ティ・エミーリア)』(Secco/辛口)

ブドウ品種;ランブルスコ・マエストリ100%
土壌;石灰岩を含む粘土質
樹齢;15年
標高;200m
栽培法;グイヨー仕立て
収穫時期;9月~10月
アルコール度数;10.75%

ポップアートを思わせるモダンなラベル。
注目の作り手ならではの新しいセンスのランブルスコです。
すっきりとした味わいで魚料理ともよく合います。


< CORTE MANZINI >
~コルテ・マンツィーニ~

1978年にマンジーニ家の4人の兄弟によって設立され、モデナとボローニャ間の地域に伝統的なブドウ栽培地が広がっています。
現在生産するワインに使うブドウも全て自家栽培であり、ブドウの手入れから醸造も家族経営で成り立っています


『CORTE MANZINI AMABILE(コルテ・マンツィーニ・アマービレ)』(Amabile/弱甘口)

ブドウ品種;ランブルスコ・グラスパロッサ100%
土壌;粘土質、砂質
樹齢;20~30年
標高;250m
栽培法;コルドーネ・スペロナート仕立て
収穫時期;9月後半~10月
アルコール度数;8.5%

上品な甘さと、ほどよい酸味の美味しい関係。
ランブルスコの魅力をすべて束ねた、「花束」のようなランブルスコです。
いつまでも心に残る、すばらしい味わいをお楽しみください。

たまには、こんなのもどうでしょうか?
 |  ワインのコト
 | HOME |