08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

イタリア人が2番目に好きなモノ

2012.01.18 (Wed)

イタリア人の好きなモノ
1位:マンマ
2位:ヌテッラ
というくらい、イタリア人に愛されているのが、この『nutella(ヌテッラ)』。

19 nutella

ヘーゼルナッツのペーストを主原料としたチョコレートスプレッドです。
スーパーで売られている通常サイズは1kg入り程のモノが定番ですが、普通に3kg入りなども売られています。
ヌテッラのコルネット、ヌテッラのクレープ包み、ヌテッラのクロスタータ、パンドーロや
パネットーネのヌテッラ添え・・・と、食べ方も色々。
イタリアのホテルで、朝食用のパンがおかれている側に、バターやマーガリン、ハチミツや
ジャムなどが盛られたカゴの中にも食べ切りサイズの小さなヌテッラが入っています。
また、イタリアの星付きリストランテのドルチェにも出てくる程、イタリア人には欠かせない
食べ物!!

『食べたいほど愛しいイタリア』という本の著者アレッサンドロ・ジェレヴィーニ氏は『ヌテッラ依存症』という項で「本当に、もう一生、ヌテッラから抜け出せないかと思った。」とカミングアウトする程のヌテッラ中毒者。
『ヌテッラ依存症、再び』という別項では
(1)普通の食べ方
母親の監視下朝食の際。一日に必要な最低限の量が摂れるが満足感はない。
(2)罪深く、密やかな食べ方
母親が買い物に出かけて不在の際。母親が出かけたとしても財布や車の鍵の忘れ物をし、すぐ帰ってくる可能性があるので、ヌテッラの瓶を攻撃する前に十分程度待った方が無難だが……。
(3)ヒッチコック型のスリルに富んだ食べ方
母親が家のほかの部屋で別の用事に気を取られている際。いつ台所に戻ってもおかしくない、極めて危険性の高い食べ方。優れた聴覚に恵まれた人しかできない。しかしフローリングではなく、絨毯を敷いてある家では、母親の足音が聞こえないのでバレる危険が多過ぎる。
等と、シチュエーション別に食べ方を記載しています(笑)。

イタリアでは、ヌテッラの瓶が子供に見つからないように、母親が必死に隠すのが定説。
『子供の頃、棚の上にしまってあるヌテッラの瓶を取ろうと、椅子に登って怪我をした。』と
懐かしそう語るイタリア人と遭遇する率はかなり高いのです(笑)。
 |  食材のコト
 | HOME |