FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

本日、イタリア・エスプレッソ・デー

2011.04.16 (Sat)

本日4/16(土)は、イタリアにおける『エスプレッソ・デー』。
というコトで、当店も本日限定で『バール&エノテカ営業』を致します!!
本日の営業時間は『13:00~17:00』のみ。
この機会に、当店のウリの『カッフェ』を飲みにお越しください!!
お待ちしております。

それと、明日4/17(日)は正眼寺@福島市森合にて『モリノネ』が開催されます♪
当店も出店する為、通常営業はお休みとさせていただきます。
皆様、是非とも『モリノネ』を感じに、遊びに来て下さい!!
これまた、お待ちしております。

モリノネブログもチェックしてね・・・http://gomoriai.exblog.jp/
 |  カッフェのコト

4月16日(土)は『イタリア・エスプレッソ・デー』

2011.04.12 (Tue)

今週の土曜日、4月16日は『イタリア・エスプレッソ・デー』!!
というコトで、その日は終日『バール&エノテカ営業』のみとさせていただきます。
営業時間は13:00~17:00。
エスプレッソの他にもカップッチーノやカッフェ・マッキァート、ラッテ・マッキァートにカッフェ・コッレット等々の多彩なコーヒー・メニューに加え、ワインも多数ご用意いたしております。
一人でゆっくり本を読んだり、お友達とお喋りしたり、ただただボ~ッとしてみたり、と
お好きなように時間を忘れてお寛ぎください♪
 |  カッフェのコト

ヴィエトナム・コーヒー

2011.02.02 (Wed)

先日、友人から頂いたヴィエトナム土産の『ヴィエトナム・コーヒー』♪

Viet Coffee

友人が僕の為に、と気を利かせて選んでくれたのが『Italian Espresso』(笑)。
ヴィエトナム・コーヒーってそういうモノなの?
そして、もう一人の別の友人には『French Roast』(笑)。
裏面には、『Viet coffee is roasted , grinded and aromatized by american modern technology process in order to keep perfectly natural delicious taste of coffee.』と(笑)。
こりゃ、まさかのシアトル系のノリなのか???
と思いきや、確かに芳醇なアロマが!
挽かれた豆も見たコトがない独特の形状!!
コレが、アメリカの最新技術による「完璧に自然の風味を保つべくして挽かれた芳香焙煎の
コーヒー」なのか!!!
と、キニナルところが満載ですが、旨いんですコレ。
甘い香りが漂う紅茶の様な味わいも感じる、実に複雑な濃いコーヒー。
クセになっちゃいました!!
当分、僕の朝カッフェはエスプレッソじゃなしに、コレです♪
 |  カッフェのコト

カッフェ・コン・グラッパ

2011.01.22 (Sat)

寒い季節に飲むエスプレッソ。
コレもまた乙なモノです♪

冬のエスプレッソ

受験生や学生を子に持つ親御さん、朗報です!!
エスプレッソ等に含まれる『カフェイン』という成分が中枢神経へ作用し、
計算力・記憶力がアップするのだそうです。
コレは東京大学大学院の教授と、京都大学大学院の教授がそれぞれに研究した
結果報告によるモノ。
ただ、飲み過ぎには要注意。
脳を覚醒しすぎて、肝心の睡眠がとれなくなってしまっては元も子もありませんから。
オトナたちはお子様へのコーヒーブレークに便乗して、グラッパを数滴たらした
『caffé con grappa(カッフェ・コン・グラッパ)』はいかがでしょう?
よく眠れますよ(笑)。
※未成年者の飲酒はダメ絶対!!
 |  カッフェのコト

カッフェ・アメリカーノ

2010.12.08 (Wed)

イタリアのコーヒーといえば、イタリアの文化がギュッと詰まった飲み物『エスプレッソ』。
当店でもウリにしているのは皆さんも周知の通りかと♪
さて、イタリアにはエスプレッソ以外に、ドリップ式のコーヒーが存在するのでしょうか?
今日はそんな話題を。

1

イタリアのドリップ式コーヒー、一応は存在します。
海外から来た人の為に、ホテルの朝食やリゾート地のバールのメニューで見かけるコトが
多々あります。
ただ、エスプレッソ用のコーヒー豆を使用したモノが・・・。
自家焙煎を行ってない限り、手に入り易いエスプレッソ用に焙煎したコーヒー豆を使わざるを
得ない現実があるのですね。
では、現地のイタリア人はそのドリップ式のコーヒーを飲むのでしょうか?
まず、飲みません。
(稀にイタリアにもドリップ式コーヒーの専門店があるので、そういったお店は例外。)
本来、香りと濃い味わいを愉しむエスプレッソ。
そのエスプレッソ用の豆を使ったドリップ式コーヒーは、酸味やエグみがかなり強く出て
しまい、美味しいモノとは言えません。
なんとイタリアには、更に激マズなコーヒーが存在するのです!!
ソレは、通常のエスプレッソに熱湯を入れ薄くしたモノ。
コレを『caffe americano(カッフェ・アメリカーノ)』、アメリカン・コーヒーと呼びます。
味はご想像の通りです(笑)。
『郷に入りては郷に従え』で、観光でイタリアへ訪れた際はくれぐれもカッフェ・アメリカーノ
だけはお飲みにならぬよう、お気をつけ下さい!!
 |  カッフェのコト
PREV  | HOME |  NEXT